To give you all my life.Act.1 Crazy Little Love

Act.1 Crazy Little Love

  • Day:2014.06.28 03:53
  • Cat:日記
前回の記事は個人宛なので、27日分の記事はこちらで更新。

こんばんは、昨日久々にらんふぃ、ウルフ、じーなでクラン戦に行ってきました。
7戦ほどやったのかな、1試合だけ今動画アップロード中なんで完了次第追記で貼っておきます。

6/28 5:39 追記


本日の1曲は 「BEAM OF LIGHTからONE OK ROCK - 光芒」です。
歌詞の中に、もう一度やろうと立ち上がればそこには少なからず自分を認めてくれる人がいた があるのですがこの部分が一番好きですね。

今の自分と比べてしまう事があるのですが、ピッタリだと思います。
こうしてまた大会に出たい、一緒にやりたいと立ち上がって動いたら色々あったものの、それに賛同してくれるメンバーがいた。

それだけのことですが、それがどれだけ大きいことか。

ちなみにこの曲の歌詞で

ただただ進む 進む以外にない
後ろを見ればもう戻れそうもない
引き返す理由いくつか探し
捨てた制服にまた袖を通す気も無い

という部分もあるのですが、ここも個人的にお気に入りです。
進むしかないのはよくわかってるし、立ち止まっても行けないことはわかってる。

ただ、よく後ろを振り向くことはある。でもこうして前進して行くしかないんだなーと。
聴きながら歌詞をみてみると、結構深く、色々思う事はあるんですけどね。


------------------------------------------------------------------

SAのほうは、久々にやりましたが少し調整すればある程度は戻りました。
細かい微調整や、最近メンバーと一緒にやってなかったので細かい穴埋めは必要だと思う。

俺自身は、今大会で自分が指揮して大会に出るのは最後にするけど、抜けて行ったメンバーを含め
またできるチャンスがあるなら、集まってできたらそれはそれでいいと思う。

みんな社会人だし、自分の立場は十分わかってる。この先、自分たちがどうなるかはわからないし
結婚したり、好きな人ができたり、家庭の事情だったり、会社の事情で別々になるかもしれないけど

経緯なんかはどうでもよくて、最終的に居なくなったメンバーを含め、また集まれる事ができればそれでいいと思う。

色んな理由で抜けて行ったり、別々になったけど、出会った事自体は何かの運命だと思う。
今は色々思う事があったり、まだ蟠りがあったりでやりにくいと思う部分もあったりするかもしれないけど

正直、今まで色々あったし、色々みてきた、そしてたくさん迷惑をかけた。当然、何度もぶつかったりしたし、色々苦労したり、悩んだりする事もあった。

だけど結果としてまたこうして何人かは集まって一緒に活動してる。
俺はもうみんなとは戻れない覚悟でいたけど、妥協してこうして戻ってきてくれて今がある。

矢沢と俺は意見の食い違いで抜けてしまったけど、俺は彼の顔を立てたつもり。
彼には嫁さんがいるから、少なからず俺の気持ちはわかってたと思うからね。

俺は今更、ぐちぐち言う事もないし、彼に対してどう思ってるかと言えば特に言うことはない。
ただまたやる機会があれば、やりたいという気持ちはある。

あえて公の場では言わなかったけど、矢沢は矢沢でぶつかった時は俺に対してものすごい噛み付いたけど
マリオ、返品に対して色々言った時、俺と話しが終わったあと返品には個人で激励してくれたみたいでそれが返品のモチベーションにも繋がってそれは素直に感謝したいと思う。

経緯はどうあれと言いたいところだが、少なからず他のメンバーは察してたと思うし、彼自身よくわかってたと思うから正直、僕の顔を立てて欲しかったのはある。もうもめたくなかったからね。

色々言い分はあると思うし、逆に俺があそこで素直に言ったところで全てが解決するかと言えば実際そうでもなかったと思う。
結果はどうあれ、僕自身も守るべき人がいるから、あの手段以外は方法なかったと思う。


ある程度時間が経ち、この話はもう過去の話になってしまって内々で処理して終わったから、言うつもりはないけど、当時の内心はこんな感じ。
事を荒立てるつもりはないし、逆に誰かとまたもめたいかと言えばそういうわけでもないし、俺の考えを思い違いされたくないから今このタイミングで説明だけはしておこうと思って。


誰に何を言われようとも俺には譲れない部分があったり、守りたいものがある。
自分は何かを隠してやるなんてそんなヘタなことはできないからこうして色々書いて伝えてるんだと思う

これをみて考え方があわないと思う人もいるだろう、少なからず考えがあわないぐらいで離れるならもう居なくなってると思うけど。


クランメンバーも大事で、今こうして色々あったけど俺と遊んでくれてる人も大事で、それと同様で他にも大事な人が居るのは事実。
クランを抜けて行ったメンバーも含め、抜けようがどこにいこうがその人の勝手だがやっぱり気になったり、何かあったら協力したいと思う。


こういうことを言うと、ひろあきが好きな人の為の口実でしょ?と思う人もいるかもしれないけど、それはその人の考え方だからそう思うなら思えばいいと思う、こういう話を矢沢ともしたかな、それでもお互い何も得をしなかった。

隠すつもりはないからハッキリ言っておくが、俺の気持ちは変わらない。
感情的になった自分は、色んな人を傷つけたりするが普段は、好きな人と同様大事にしてる。

正直メンバーに関しては本当に良いメンバーに恵まれたと思う、どんなことを言ってもこうしてきてくれてるからね
前の記事でも書いたけど、それほどメンバーには本当に感謝してる。

好きな人と同様にメンバーも好きだけど、去年ずーと支えてくれた、お嬢も同様に好きだし、俺の気持ちは変わらない。
本当に大事なら何かを捨てる覚悟でやるべきだし、とにかく諦めない事が大事だと思う。


これだけは絶対に曲げない。誰に何を言われようとも。
二兎を追うものは一頭をも得ず という言葉があるけど、それは重々承知。

だからこの大会を最後にすると腹を括った。
これで嫌気を指す人間がいるかもしれないけど、知らなくていいこともあるかもしれないけど、1年、2年の付き合いじゃないし、付き合いは長いと思うから知ってて欲しい部分もある。


女々しいなんて思うかもしれないけど、ひろあきという人間はそういう人間。
ただ僕が好きになった人は、それほど大きな存在であり、偉大な方でもある。

プライベートでも自分の支えになってくれて、言葉では言い切れないほど感謝をしてる。
今になって気づく事もたくさんあるし、それに気づけず色々メンバーも好きな人も傷をつけた。

そんな自分が、許せなくて今はそんな自分と毎日戦ってるような日々。


メンバーとも失った信頼は完璧に戻ってないと思うし、表ではいいよと言ってくれてるけど実際は怒ってるかもしれない。
でも俺には疑うという行為はもう許せない。だからメンバーを信じて今があると思ってる。だから今を大事にしたいと思うし、同時に居ないけど、こうして支えてくれた人も大事にしていきたいと思う。

今は信頼がなくても、この先、何年、何十年かかろうができる事は全てやりたいと思う。



今はわからなくても、実際自分が経験したら絶対わかると思う。
今大事な人が居る人は大事にしてほしいと思うし、もっと謙虚になるべきだと思う。


俺はとにかく、言動に気をつけて、もう少し落ち着いて色々物事を話せるようにやっていきたい。

俺の事を探るのも勝手だし、言いたい事があるなら好きにすればいい。
俺を陥れたいのであればそれも好きにしたらいいと思う

だが先に言っておく、俺はそんな簡単には落ちないし、俺にも守るべき人もいるからね
自分のプライドを捨ててでもやってみせる。


くさいセリフかもしれないけど、ここまで本気にさせてくれたのはあの人だけだからね。


今大会は出せる力を出し切って、潔く退く。
抽選という最大の壁があるけどな!頑張っていこうぜ。



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。