To give you all my life.2014 まとめ 続き。

2014 まとめ 続き。

  • Day:2014.12.29 00:38
  • Cat:日記
昨日は気に触れる事があったので書くのをやめて切り上げたけど、続きを書いていきます。

b37a7e3dc02cdbd6f61f36664a2ffd30.png

内部の事いうこともあり、一部だけ引用。
みんな同じ仕事じゃないので、時間の問題とかに関しても言われるであろうと思って先に考えてました。
最悪の事態も考えた上で言ってるので、それなりに手は打ってます。

女絡みについては、ちょっと前の記事でも書いたと思うし、これもらんふぃと話す機会があった時に伝えたけど
配信してる以上、色んな人がやってくるのは当たり前で色んな人と知り合うのも当たり前の事。
ただ、俺が中途半端な事をして誤解されるのも迷惑な話なんで、今回はメンバーには説明しました。

ありもしない事を勝手に吹き込まれて、それが炎上する程度なら良いですけど、私の周囲まで傷つけられるのは勘弁。
誰が好きでなぜ追いかけてるのかとか言わなくても事情を知ってるメンバーなら言わずともわかると思いますし
ありえない話ですけど、いつどこで俺の事を嫌ってる人が何をするかわからないので、こちらでも書いておきますね。

クランに誰かが入るのが問題じゃない、結局はそれについてこれるか、それだけのやる気があるかが問題。
もちろん誘った人間は嫌いじゃないですよ、去年は個人的な思想も絡めてみんなには内緒でやってたのは悪いけど。

去年誘った人は特別な人でした。それ以外の人は特別じゃないの?って言われたらそういうわけではないけど
俺は楽しくできる環境は君達に提供する事ができる、でもそれを楽しめるようにするか、楽しめなくするかは自分次第。

去年の失敗があった以上、次来た人にはそういう思いをさせたくないっていうのもあったから同様に誘っただけ。
それに対して特別なロマンチックな物は一切ない。それを勘違いして弄ってくる奴は少し頭おかしいとだけ言っておく。

弱い、強い関係なく、クラン戦をやりたいか、やりたくないか っていうだけの話。
弱いからって誰かが攻めてるわけでもないし、ただそれを自分が弱いからどうのこうのって言っておいて
結局は練習せずに、なんとなーく謝っておけばいいか っていう感じが俺はすごくムカつく。

そういう中途半端な気持ちなら最初から言われないほうがまし、誘われた人間は選ぶ権利があるんだ。
誘われるっていうのはそれほど期待されてるっていうことなんだよ、裏切るなとまでは言わないけど
もう少しそういう事を考えて欲しい、俺の私情も絡ませて申し訳ないけど去年の件だけはどうしても諦めれない。

メンバーにも言ったけど、俺の考えてる事、言ってる事が全て正しいとは言わないし
もちろん不満や行き過ぎた部分っていうのはこれから出てくる可能性もあると思う
その時はちゃんと伝えて欲しいし、思う事があれば溜め込まずハッキリと言って欲しい。

全てを聞き入れる保障はないけど、俺が言った再結成の条件以外は全て聞き入れるつもり。
あと俺が言った約束は必ず守ります。


いつまでも、こうして書く事に何の意味があるのか、本人に伝えないと伝わらない事もたくさんあるけど
伝えたくても伝えれないこともあり、みんなにはわからないことかもしれないけど

自分のせいで、大事な人の好きだったゲームをやらなくなった気持ちはわかるかい?
例えそれが違ったとしても、俺のせいには変わりないし、悲劇のヒロイン気取るわけではないけど
それほど責任を感じてる、何かをすれば許してもらえる問題でもないけど、自分が改心して
更生して行く事が一つの罪滅ぼしになるのかなと思って、そういう部分は大事にしてる。


与えてくれたもの、影響を与えられたもの、君ということを知れたこと。
今はそこに居なくても、俺たちの仲間には変わりなし。

一緒にできて本当に良かった、だけど俺は諦めはしない。
残ったメンバーでここまで立ち上げれ本当に良かったと思うし、理解してくれてるメンバーで良かった。

2012年2月26日に設立後、色々あって解散、結成を繰り返し
最初から最後まで残ったのが新 みら らんふぃだった。
一番信用してるし、一番頼りにしてる。他のメンバーももちろん信用してるし、頼りにしてる。
ただまあ俺のワガママと傲慢が原因で傷つけたり、振り回したりと大変な時期もあったので、申し訳ないなと。

2012年 結成してまだまだ、クランとRED STONEをガンガンやってた
2013年 前半はRED STONEやってたのかな、クラン戦三昧、まともなクランとして形ができてきた
2014年 メンバーの半分が変わったけど、大会で自分達より上の相手に勝てたりで楽しかった。

どの年も内容の濃い1年だったけど、やっぱり2013年が一番印象強いと思う。
2014年は大会が激熱だった。みんなの底力を見れた気がする、可能性を教えてもらった。


俺の事をわかるのは、俺に振り回された人間にしかわからないだろう、本当に大変な思いをさせたからね。
だからその件の内容はお蔵入りで、他言厳禁だし、みんなに内容も言ってない。

理解をしてもらうつもりもないが、どういう事があって今があるかっていうのは知る必要もあると思う
内容までは言わずとも、簡単な経緯程度はね。

ゲームだからとか、リアルじゃないから関係ないとかそういうんじゃないんだよ。
これはそういうのじゃなくて、そういうものを超えた世界なんだと思う。

やってるのは同じ人間同士、言われたら傷つくし、裏切られても傷つく。
自分を過信しすぎてる人は本当に気をつけたほうがいいよ。

俺はこの3人がクランに残ってなかったら、今頃何をしてたかな って思う時があるけど
悪い事ばかりを考えても仕方ない、今はどうしたいのか、何をしたいのか。

自分が信じてるのはなにかを考えて、前向きに進んで行く事が大事なんだと思う。
誰が見てるかわからないところで、こういう事を書くのも性に合わないかもしれないけど。

書きたいことは山ほどあるけど、ここらへんで。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。