To give you all my life.- × - = + ?

- × - = + ?

  • Day:2014.12.30 02:05
  • Cat:日記
2014年 総集編 part1 part2

昨日から今日にかけて、関係者には方向性と率直な気持ちを伝えました。
知り合いのクランマスターとも、お互い思う事を色々話し合いました。

さすがに内部の事もあり、詳しい経緯などは言いませんでしたが、どういう風にしたいかみたいな話をね。
年明けはあれだけ腐ってたお前がここまで切り替えてるのは正直驚いた と言われたけど、全てが変わった訳ではない。

知り合いのクランの方向性―
万人受けするクランにし、みんなが平等に楽しめるようなクランにしたい。
異性も居る以上、うまいこといかないかもしれないけど、何とか頑張ってみたい。

Mistikaの方向性―
何かに囚われたりせず、自分の力を発揮できる、自由なクランにしたい。
同時に自分の野望も叶えたい。

万人受けという言葉に対して、少し否定的な考えを持ってるけど
付き合い長い友人なので、それはそれでありかと思ったけど色々な人が居ると異性絡みは大変。

友人は俺と一緒で入るクランがなくなったとかそういう困ってる人を積極的に誘ったりしてて一緒にやってたけど
2015年もそれを続けるのか― と聞かれたけど、正直何とも言えない。

自分の中での最優先事項は、一緒にゲームができなくなった人達とまた一緒にやるのが夢。
同時に今のクランメンバーでどこまで進む事ができるのかをみてみたいのと経験した事もない舞台に一緒に立ってみたい。

ただ目の前に困ってる人が居て、それを無視する事ができるか、自分に問い質すとそれは無理だろう。
誘った以上は俺にも責任があるし、誘われた側も選ぶ権利があって一緒にやるという道を選んだ以上は
一緒に頑張るっていう気持ちは持ってもらわないと、一緒に活動するのは難しいと思う。

弱い強い関係なく、そういう意識の問題なのにすぐ強弱に持ち出す人は俺には理解できない。

友人と俺の考えは似てる部分もあるけど、根本的に構成されてるメンバーが違うんだ。
だから環境も違って当たり前だし、勝ちだけに拘るのも難しい部分があると思う。

でもそんな中で、自分なりにどうすればいいのかを考えてるのは参考になるし、えらいと思う。


人材面ではメンバーから一任されてる以上、俺が好きなメンバーを抜擢するけど、誰を起用するかとかは変わらないよ。
言い訳ばっかり言う連中とは今後一切やるつもりはないから、強弱関係なく自分ができる事、自分にしかできないことを
もっとみせてほしいと思う、一緒にやりたいという気持ちを一番に考えて、それを中心に活動していきたい。

俺が求めてるのは強さとか精神力とかそういうのじゃない。

一緒にやりたいと思えるか 一緒にやってて楽しいと思えるか 信頼できる人たちか。

全員に受けなくてもいい、決まったメンバーで楽しくできるならそれでいい。
理想論ばかりを並べるつもりはない。

俺の理論は精神論だから、理にかなってるかどうかと言われたら根拠はないけど、努力しない者は救いようがない。


かなり傲慢な考えかもしれないけど、2015年はどれだけついてこれるか。
中途半端な奴はもちろん置いていかれるし、気持ちがあれば置いていかれずに引っ張ってもらえる。
逆にこっちも一緒にやりたいと思うメンバーは引っ張っていくし、2015年は俺達の真価が問われる。

来年からはもう少し具体的な事を書くように心がけるのと、できる限り毎日更新続けようと思います。


2015年はこの名前で行く事で決定したので、近いうちに永久にします。
8c311012b87923fbf42abdff22d9cf50.png

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。